不動産への抵当権の必要性

不動産への抵当権の必要性

不動産に抵当権を設定することは、債務の返済がなされないときの設定として広く行われていることです。抵当権は、不動産の契約において貸付金や売買代金などの債権を確実に回収できるようにするための権利で、担保権と呼ばれるものの1つです。
抵当権の特徴としては、その設定者に担保の目的物となっている不動産の使用・収益をまかせておき、もし債務者が債務を履行しなかった場合には、債権者がその不動産の価値から優先的に弁済を受けることができるというところに抵当権の特徴があります。抵当権の設定者は、債務者自身であることもありますし、債務者以外の第三者であることもあります。当事者の間で不動産に抵当権を設定する契約をしても、それだけでは第三者に抵当権を主張することはできず、抵当権の登記を行う必要があります。

 

不動産鑑定とその地域性について

不動産の鑑定評価を行う際には、対象となる不動産を調査するだけでは評価を下すのには十分ではありません。たとえば、建設費や造成費はそれぞれの地域によって異なってきます。不動産の売買価格や賃料も、代替・競争関係にある他の不動産との関係によって互いに大きな影響を受けます。これらの地域の範囲を整理するために以下のような概念があります。
近隣地域とは、対象不動産が所属する地域のことであり、通常は道路や川などで物理的に区分される面的な街区や、都市計画法の公法によって区分されます。
類似地域は、近隣地域以外の区域で、対象不動産との間に代替・競争関係が成立するような他の不動産が所属する地域のことをいいます(鑑定に用いる条件によって異なる)。
同一受給圏は、近隣地域を含んで、対象不動産の価格の形成に影響を与えるような他の不動産が所属する類似地域が所属する範囲のことです。


葬儀を行うには町田市の葬儀社がお勧め

Blog

Calendar