不動産ローンと金利について

不動産ローンと金利について

不動産を購入すると金は基本的に不動産関連のローンを組むことになります。住宅でしたら住宅ローンというものになります。

その不動産関連のローンですが、特に気にするべきなのが利息です。
利息には様々なタイプがありますので、注意をしておきましょう。

不動産系のローンには、全期間固定型、変動型ろいう金利のタイプがあります。さらに、固定金利特約型、上限金利設定型といった金利のタイプのものもあります。どれも注目すべき金利のタイプになります。
どれを選んだらいいのかを決定してから不動産関連の金利を決定するべきです。
仮にその選び方を誤ってしまいますと、のちのち大きな損をしてしまう事もあります。
なるべく損をしてしまわないような不動産ローンの金利選びをしましょう。

 

不動産の個人売買におけるメリット

不動産の個人売買におけるメリットなんでしょうか。不動産の個人売買の場合、まずなんといても仲介手数料がかからないことが挙げられるでしょう。不動産は価格が高いためその仲介手数料だけでも結構な負担になります。その分が発生しないだけで大きなメリットと言えます。

また不動産の個人売買の場合は、非課税で取引できるので、その分の負担が減るのも魅力的なメリットと言えます。そのため相場よりも低い価格で不動産売買の取引が成立できるのも買う側、売る側双方にとってのメリットと言えます。
一番良いのが、友人など信頼できる人同士で不動産売買ができるケースです。仲介業者を通すよりもお互いが、納得いくまで売買価格について相談できるからです。

Blog

Calendar