不動産所得の計算の仕方

不動産所得の計算の仕方

不動産賃貸業を営んだ場合に発生してくる儲けのことを不動産所得と呼びます。不動産所得は他の所得と同じように、収入から経費を引いて計算されます。ただし、家計簿と同じ考え方で収入や経費を計算したりはしません。家計簿では現金が入った時又は出た時に記入しますが、不動産所得はそのような考え方をしません。発生主義により計算することになります。つまり、収入や経費が発生した時に計上するということです。
例えば、マンションの家賃を数日間待ってあげたという場合、家計簿では受け取るまで記入しませんが、いつでも家賃を獲得できる状態にあるため、不動産所得の計算上では、収入として計上することになります。家計簿と同じ考え方で所得税を計算し、申告した場合、修正を求められるので注意しましょう。

 

不動産の査定か買うの算出方法

不動産を売却する時には少しでも高く査定していただく必要があります。しかし、どのような方法で不動産査定がされるのかが良く分からないという方もいるかもしれません。それほど難しい方法で不動産査定は行われているわけではありません。 基本的に基準価格のようなものがあってそこからプラスされたりマイナスされるという事があります。

不動産の価格ですが、主に注目しなければいけないのが地価です。土地の価格が大部分になりますので、それが基準価格となります。不動産の地価ですが、近隣の取引事例などから算定されますし公示価格や路線価などを基にチェックされます。その不動産の周りの不動産の取引状況を調べておくと、自分でも大体の査定額が見えてくるはずです。

Blog

Calendar