不動産投資と2つのゲイン

不動産投資と2つのゲイン

不動産投資に限りませんが、投資による資産運用には、キャピタルゲインとインカムゲインという用語があります。
キャピタルゲインとは売却益の事で、不動産投資の場合には、その不動産が購入時よりどれだけ価値が上がっている状態で売却できるかに影響されます。当然、不動産の価格は上下するため、売却時に損をする事もありますが、その場合にはキャピタルロスと呼びます。

インカムゲインというのは、不動産を所持したまま得られる収益のことです。同じような使われ方としては、株でいうところの配当金に相当するといえばわかりやすいでしょうか。アパートなどの収益不動産では、家賃収入を得られるのでインカムゲインが発生し、元本(購入費)に対するインカムゲインが利回りとなります。

 

不動産を購入する時に考えるべき事

不動産を購入することはめったにある事ではありません。ですので、いくつか考えなければいけない事もあるわけです。しっかりとその事について考えをめぐらした後で、不動産の購入を決定するべきです。

それでは不動産を購入する時に考えるべき事ですが、ます地域を決定します。
不動産が住宅の場合は住みたいと地となります。
好きな地域や希望する地域があるでしょうからそちらで不動産を探すことになります。

さらに、資金計画についても考えるべきです。
不動産を取得するためにはかなりの資金が必要です。
簡単にえられるわけではないほどの費用が必要になります。
ローンを組むことになるかもしれませんので、返済については堅実に計画しておく必要があります。

Blog

Calendar