企業が保有する不動産の生かし方

企業が保有する不動産の生かし方

企業が利用している不動産には、その企業自体が利用している不動産と、他者から借りている不動産とがありますが、それを全部含めてCRE(Corporate Real Estate)といいます。そして企業がこうした不動産を有効に活用していくことをCRE戦略といいます。

企業がCRE戦略に乗り出す目的は、保有する資産を活用すること、不動産の買い替えや交換による課税の繰り延べ、保有税や法人税の節税対策、財務体質の改善、不良資産の売却などのもく鉄器があります。また、近年では減損会計や時価会計が導入されたことにより、企業の経営資源として重要な意味をもっている不動産を有効に活用しようとする意図から、不動産の価値を常に保つなど、CRE戦略が注目されているのです。

 

不動産売却と抵当権抹消

ローンの残っている不動産を売却しようとした場合、その不動産に抵当権が付いていることがほとんどです。
基本的に不動産購入時のローンとは、その不動産を担保にして組むので、ローン会社が抵当権を持っていることになります。

そして、不動産売却によって(足りなければ資金を追加して)ローンの残債を支払うと、債権者であるローン会社から抵当権抹消のための書類を受け取ることができます。
この書類は登記原因証明情報と呼ばれ、具体的に言えば抵当権解除、抵当権放棄、弁済のいずれかを証明する証書を、ローン会社が交付することになります。

抵当権の抹消は、自動的に行われるものではないことに注意しましょう。不動産の売主が抵当権を抹消し、買主に引き渡すのが通例で、抵当権抹消の費用は売主側が負担することがほとんどです。

Blog

Calendar