私が不動産の購入をした決め手

私が不動産の購入をした決め手

不動産と、賃貸、住むにはどちらがとくか、という話題はよく耳にすると思います。実際どちらが得かというのは、人それぞれの価値観に照らし合わせる必要があるので、難しいのですが、私は不動産に決めました。
なぜなら、不動産のほうが応用がきくからです。
賃貸であれば、気軽に引っ越せますが、その家を融通するということは大家さんの許可が必要になることもあって、不自由があると思います。ですが、不動産であれば、金額が大きい分、自由が利きます。誰かに貸したり売却することで、自分の思うように自在に不動産の処分や、活用をすることができるのです。
知識を深めれば深めるほど、上手に扱えるようになるので、やりがいも生まれてくるのです。
こんなわけで、私は不動産を購入することに決めました。

 

不動産の購入における注文住宅と建売住宅の違い

不動産の購入において、注文住宅と建売住宅の違いを理解することが重要です。注文住宅のメリットとしてはまず自分の好きな家が建てられるということでしょうか。これは何事にも代えがたい感動を生みます。次に自分の目で不動産物件をチェックしながら工事の過程を見ることができます。デメリットは不動産が実際に建った後でしか本当の姿を確認できないことです。
つまり、写真や絵と同じ不動産ができるかどうかは未知数なわけです。他方、建売住宅ですが、メリットは価格が割安、土地を探す手間いらず、すでに建っているためイメージがわく。デメリットは工事の過程を見ていないケースが多く、構造部分に目を向けることができない点です。まさに一長一短ですね。

Blog

Calendar