不動産の転売による利益と家賃収入

不動産の転売による利益と家賃収入

一軒だけしか不動産を所有していないとしても、それがアパートやマンションのような建物だと家賃収入が期待できます。なかなか転売でまとまった利益が生まれないなら、いっそ小額でも安定した収入を選ぶ道もあると思います。不動産を何軒も所有されているなら、転売と家賃収入の両方を実行できるのでリスクが分散されます。

不動産の家賃収入のメリットは、上にも書きましたが安定性です。部屋数が多いほど家賃が高いほど、収入が増えます。そして家賃は大家さんの判断で決まります。不動産には分譲マンションなどもありますが、家賃収入にしておくことで毎月の収入が約束されます。

不動産は多く持っているに越したことはないと思います。ですが一軒でも持っていれば利益への道はいくらでもあります。まずはどちらの収入が良いか考えてみると良いと思います。

 

不動産への抵当権設定について

不動産に抵当権を設定する登記を行うのは、不動産を購入する際の比較的長期のローンを組む際に、売買の対象である土地や建物に抵当権を設定するのが一般的です。ローンを組んで不動産を購入する際の、所有権の移転登記と抵当権設定登記の申請は司法書士等に依頼して行うことが一般的であるといえるため、抵当権を設定するための書類を自分で用意することはあまりないでしょう。しかし、その知識をもっておくことは望ましいことです。
主な添付書類として、債権者と不動産の所有者が抵当権の契約を行ったことを示す「登記原因証明情報」、「登記識別情報」、登記義務者の印鑑証明書、法人の場合の取引に関しては代表者の資格証明書、司法書士等に登記申請を任せる場合の委任状などがあります。


Blog

Calendar