任意売却とローン残高について

任意売却とローン残高について

任意売却によってもローンが残ってしまい、そのローンすら支払える見込みがない場合。
たとえば突然の失業で収入がなくなった、購入したばかりでローンの支払いが浅い、などの任意売却の有効性が低いケースですね。この場合任意売却よりも有効な手段でローンを減らすことが必要です。たとえば自己破産ですね。自己破産なら任意売却で消せないローンもチャラになりますし、住宅ローン以外のローンも消えます。自己破産は裁判所に必要書類を持っていき、免責が認められると自己破産成立となります。弁護士に依頼してもいいでしょう。猥雑な手続きを行わなくて済みます。
ただ自己破産で税金はなくなりませんのでご注意ください。任意売却できるならそちらをお進めします。

 

任意売却を行うことで捻出可能な引っ越し費用

任意売却を行う場合に失敗しないようにするためには、現実的な引っ越し費用の金額を知ることが大切です。任意売却における、最近の引っ越し費用というのは、一般的には10万円〜30万円です。任意売却の金額によっては、保証会社や金融機関等の債権者によっては、まだ50万円の費用を認めてくれるところもあります。また、一切認めないような債権者もあります。
引っ越し費用についての一般的な傾向は、だんだんと債権者が費用を認めないような傾向にあるのが実情のようです。そのため、任意売却を行った代金から捻出できる引っ越し費用は、非常に少ない金額であっても、金額が捻出可能であれば、OKというような認識を持つことがベターです。
現在、任意売却を行うことで捻出可能な引っ越し費用の相場というのは、10万円〜30万円程度です。


Blog

Calendar