競売にかけられる前に任意売却で手を打ちました。

競売にかけられる前に任意売却で手を打ちました。

様々な不運が重なってお金がなくなってしまって、住宅ローンの支払いを数ヶ月滞納していると債権者である銀行から催告書が送られてくるようになりました。期限の利益喪失も近くて、銀行から最悪の場合、競売にかけるという連絡がありました。そこで、任意売却を行なって手を打つことにしました。競売だと会社や近隣の住民にバレてしまいそうですし、怖かったのですが任意売却はそういうことはありませんでした。任意売却を使ったことによって、ある程度の相場価格で売れましたし、そのお金を手にして滞っていた支払いを済ませて、あとは貯金をしました。もちろん、任意売却で得たお金で全ての残債がなくなる訳ではないので、少しづつ頑張って返していこうと思います。
任意売却で最悪の状況から抜け出せたので本当に良かったです。

 

任意売却のデメリット

任意売却のデメリットについて知りたい方もいらっしゃるでしょう。実は任意売却におけるデメリットは、ほとんどないのが現状です。デメリットと言えば任意売却活動の際にお家の見学に訪れた方へ付き添うこと、任意売却が決まったら不動産売買契約を行うために時間を割くことくらいです。時間的な拘束のみがデメリットといえます。それに任意売却はあくまで売却活動であり、競売にかけられるわけではありませんので、近所の人に知られることもなく、後ろ指もさされることなく任意売却成立の日まで待つことができます。
任意売却の相談は不動産会社、もしくは弁護士に持ちかけるとスムーズです。ただ、着手金や費用が別途かかりますので、事前に費用を確認しておきましょう。


Blog

Calendar