自分の家を共有しているような場合の任意売却

自分の家を共有しているような場合の任意売却

自分の家を共有しているが任意売却を行うことができるのでしょうか?
共有物件でも、当然任意売却を行うことは可能です。しかし、共有物の任意売却には制限があります。共有物について、任意売却を行う場合は全員の了解が必要になります。このため、共有者の中に売却を行うことに反対したり、行先不明者がいたりして全員の了解がえられないような時には、任意売却を行うことができません。
例えば、事業者の夫の問題などで了解がえられず、任意売却を諦めたような場合もあるそうです。
また、離婚のような場合も任意売却の了解を取り付けられないこともよくあるそうです。
共有者には、いろいろな事情があるために、任意売却を行う場合は、よく話し合っておきましょう。

 

任意売却で得る事ができるお金

任意売却は相場にある程度近い金額で不動産を売却する事ができます。 ですので、任意売却を行う際には、大損する事はとても少ないです。それによって、ローンの返済にも回す事ができますし、今後のお金にも回す事ができます。ただ、任意売却をしたからと言って、購入時以上のお金を手に入れる事はほとんどできません。ただ任意売却は底値で不動産を売却する事はほとんどありません。実際に任意売却を行う事で、ローンを全て終わらせる事ができた方もたくさんいます。任意売却は相場にある程度近い金額で不動産を売却する事ができるので、そのお金をローンに回したり、今後の生活費などに回す事が十分にできます。家の価値が高ければ、その分多くのお金を手に入れる事ができるのが任意売却です。


Blog

Calendar