自任意売却と担保権の解除料

任意売却と担保権の解除料

任意売却を行うためには、不動産の担保権を全て解除しなければなりません。
しかし、不動産についている担保権は、必ずしもローンを組んだ金融会社だけとは限らないのが厄介なところです。複数の担保権者がいる場合、全ての担保権を解除しなければ任意売却は行えませんが、任意売却によって配当を得られるのは第1位の順位の抵当権者となるのがほとんどです。そのため、後順位にある抵当権者にとっては、任意売却をするからといって抵当権を解除するメリットはないのです。
そこで、配当を得られない抵当権者には、抵当権の解除をしてもらうための解除料を用意して、全ての抵当権を外してもらう必要があります。 この解除料は慣習的に「ハンコ代」と呼ばれ、債権金額よりも小額ですが、配当が無いよりは良いため抵当権解除に応じるのです。

 

任意売却のメリットとは

不測の事態によって、住宅ローンを返済できそうにない、手放すしかない、となった場合、選択肢は2つに1つです。差し押さえ後に競売に掛けられるか、任意売却をするかのどちらかです。どうせ売るなら同じようなもの、と思うかもしれませんが、任意売却の方がメリットは大きいです。任意売却は、あくまでも任意で自分の意志での売却なので、一般的な市場での売却扱いとなり、競売よりも高く、市場価格に近い金額で売却することができるのです。また、売却後にも残る残債務の返済に関しても、任意売却の場合は交渉して可能な範囲での返済方法を決めてもらえる場合が多いです。
他の点でも、任意売却の方が柔軟性があり、より損失や苦労の少ない売却ができるのです。

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区


Blog

Calendar