任意売却と競売の違いを知っておく必要があります

任意売却と競売の違いを知っておく必要があります

任意売却は、よく競売と比べられて説明されます。
というのは、住宅ローンの支払いが滞ると、債務者は任意売却か競売かの選択を行う必要があるからです。このため、任意売却と競売の違いを十分に知っておく必要があります。
競売というのは、担保権者が申立てを行って不動産を強制的に裁判所が売却する手続きですが、任意売却というのは、債権者から承諾をえて担保物件の売却を行うことです。競売は、債権者にとっては、裁判所が債権の回収を行ってくれるので、競売の方が任意売却よりも良さそうに見えます。しかしながら、競売もお金がかかります。
例えば、抵当物件の価格が1億円の競売を申し立てる場合には、裁判所の予納金や登録免許税などで100万円程度の費用が必要です。
基本的に、この費用は債務者が負担できないため、債権者が負担する必要があります。

 

任意売却後に残ったローンの支払いはどうなる

住宅ローンの返済が滞り任意売却を考えた時、忘れてはいけないのが残った債務の支払いです。任意売却で全額が支払えればそれに越した事はありませんが、多くのケースで債務が残ります。 ですが任意売却後に残ったローンは今まで通り支払う事が無理ということは金融機関も分かっているので生活状況などを提出し無理の無い範囲での返済額を交渉出来ます。
例えば今まで、月10万円の返済だったところを1万円など家賃と生活費を引いた範囲での返済額への変更が可能なのです。任意売却後の債務は無担保ですが返済義務は残ります。放っておくと給料の差し押さえなどにつながる場合もあります。任意売却後の支払いはどれくらいが可能なのか、支払う気持ちはあるが現実として多くは無理だと言う事を誠意をもって話しあうことで新たな生活が気持ちよく始められます。

【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市


Blog

Calendar