任意売却を選択した理由

任意売却を選択した理由

失業してしまい住宅ローンの返済が滞ったときは、本当に悩みました。そのままでいると、住宅が競売にかけられてしまいますが、今までずっと返済を続けてきて、これからも住み続けたいと思っていた住宅なので、何とか防ぎたいと考えていました。
しかし、結局、私が選んだのは任意売却という選択でした。
住宅を手放すのは抵抗がありましたが、やはり、任意売却によって残債が大きく減らせるのは魅力的でした。任意売却をするまでは、住宅を競売にかけられ周囲に知られたらどうしようと考えたり、先行きの不透明さに不安でした。
しかし、任意売却してからは、返済計画にも見通しがつき、周囲に知られる不安からも解放され、のびのびと過ごせています。住宅を手放す決断さえ乗り越えられれば、任意売却は非常に有力な方法だと思います。


 

任意売却における建物の販売価格

任意売却における建物の販売価格は債権者に決定権があります。
住宅ローンの借入残高以上の金額で売却ができない場合でも売却可能なのが任意売却ですから、任意売却を行うかどうかの判断も、売却の際の価格も債権者に決定権があるわけです。仮に販売価格が債権者の査定より低い場合、競売したほうが良いと判断される可能性もあり、任意売却が成立するかどうかは債権者の判断待ちというのが実情でしょう。競売のほうがいいと判断されれば、債務者の知らないところで勝手に競売手続きが進められますが、債務者にはこれに不服を申し立てる権利はないので、厳しいところです。 任意売却で売却後に債務が残る場合は連帯保証人にもその旨を伝えておくとスムーズです。



Blog

Calendar