任意売却と税金の滞納

任意売却と税金の滞納

任意売却を考えるほど経済的に困窮していれば、税金の滞納に身に覚えがある人も少なくないでしょう。
税金の場合には、納税通知や督促状が届きますが、多くの人が甘く考えており支払えるときまで放置しているのが現状です。
ところが、任意売却で一番大変なのは、税金を滞納してそのまま放置したために、不動産に差押登記がされてしまったときです。ローンの債権者である金融機関の保証会社が任意売却に応じても、基本的に自治体は税を全て納めなければ差押を解除してくれません。ここで問題になるのは、任意売却をしようとしている不動産の所有者に、納税の財力が無いことです。そのため、任意売却を予定している物件がある場合には、税金の滞納はできるだけ避け差押登記がされる前に話を進めなくてはなりません。


 

任意売却と競売の同時進行です

任意売却は、住宅ローンの融資を受けている人(債務者)が、返済が滞り住宅資金を貸している金融機関(債権者)の合意の基に、債務者の意思で物件を売却し、ローンの残債に充当する行為です。任意売却がスムーズに行われない場合は、お決まりの差し押さえと競売が待っています。しかし、債権者は1円でも多くの回収を希望しますので、担保不動産競売決定通知が届いたとしても任意売却は可能です。ほとんどの場合は、任意売却と競売の同時進行は認められます。いつまでに任意売却をしなければならないのかは、債務者との話し合いで決まります。厳密に言えば、競売が開始される前日までに全てを完了させれば競売は実行されません。
また、売却代金を債権者に払った後にも、ローンは残っています。ローン残債ー売却代金=新規ローン残高 です。このローンは、いままでの住宅ローンの場合の支払額ではなく、無理なく払える額になります。


Blog

Calendar